美美ットな非日常

サルバドール.ダリ 青春の思い出(続)

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

Pocket

 

青春の思い出

 

フェルメールの次に買った画集はダリだった。
サルバドール・ダリのイメージは、ぐにゃりとした時計の絵
よく知られているけど、ダリといえば私のイメージはこちら。

油絵で描かれているのが信じられなくて、「どうやって描いてるの?」と何度も見ているうちに画集は無残にもボロボロ、バラバラになってしまった。

10代の私は、この絵の中に凝縮されているヨーロッパの歴史や世界観にも圧倒させられていた。

サルバドール.ダリ 1904年〜1989年 スペイン生まれ

リアルでシュールな絵を描き、シュルレアリズムと呼ばれる絵の魁となった画家です。
好き嫌いの分かれる絵で、私は好きなのですが嫌いな人も結構います^^;
だから日本の展覧会はそれほど混まないので比較的ゆっくり見ることができます。

なかなか日本には代表的な作品が展示される機会は少ないので、少し寂しいのですが、、。

あわせて読みたい

  1. 荒れた海 

    2018/03/1412:06

    荒れた海を眺めるのが好き*でも現実には眺めるのはかなり難しいです。嵐の日に海を見に出かけるのはなかなか大変。精神的にも物理的にも、、。でも、たまたま嵐でもないのに荒れた海に出会えたりすることもある。こ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

公式Facebookページ

RETURN TOP