美美ットな非日常

絵画教室 中学生の絵 人物鉛筆画を描く

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

Pocket

中学2年生のリナちゃんが人物画を鉛筆で描きました。

中学2年生になったので、本格的なデッサンや鉛筆も使い方、立体の理解の仕方を教えていってます。

人物や動物の基本、土台となるものは骨です。
骨格です。
それをリナちゃんに教えています。
今のところ順調に理解しているようです。
体の骨格はかなり分かってきていますが、頭部の頭蓋骨がまだ理解できていません。
これがわからないと正確に顔を描くことが出来ません。
これから頭蓋骨をデッサンしていきます。

デッサンをすれば絵は上手くなりますが、絵はそれだけではダメなのです。
イメージ力や感性を豊かにしていくことも重要です。

それら全てを身につけていくことは時間がかかります。
ゆっくりと身につけていってほしいなあと思います。

まだ14歳。
たっぷり時間はあります。
たくさんの知識や想いを積み重ね、育んでいってほしいです^^

ちなみにリナちゃんが5年生の時の絵はこんな感じでした^^

あわせて読みたい

  1. 夜景 焼肉 烏龍茶

    2018/03/2022:22

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

公式Facebookページ

RETURN TOP